FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2012.09.17 (Mon)

インドネシアの旅(息子のカメラ・アイ)

15日に息子夫婦が遊びに来てくれ
インドネシアの旅のデータをくれました。
同じ4泊6日の旅でも世代が違うと
視点が違うのか写真もかなり違っています。

今日は、息子のカメラ・アイからインドネシアを紹介します。

ニュースでタイ・バンコクの出勤風景を見たことがありますが
インドネシアのオートバイも凄かった
一体みんなどこから来てどこへ行くのでしょう!?
危ない危ない!(事故の無いようにね
明らかに小学生と思われる子どもの2人乗りオートバイを
半日で3組以上見ましたよ。日本では考えられない光景です。

オートバイ

大勢の人を乗せた軽トラにも何台も遇いました。(車中からの写真です)

いっぱいの人を乗せて

貧しい村人は逞しく地べたで商売をしています。
冷えてないので美味しくなかった。(1個5000ルピア≒50円)

シーラビーチで ココナッツジュース

タナロット寺院でも商売をしている子どもがいます。
ゴムで飛ばす飛行機を売っていました。
姉夫婦は、孫と同じくらいの子どもが健気に働いている…と感心し
一つ20000ルピア≒200円で買いました。
お年寄りが売るより子どものほうが売り上げが良いのでしょうね。

売り子

もっとしたたかに商売をしている子どもたちもいます。
ウルンダヌバトゥール寺院の駐車場では、小学校3年くらいの子どもが
絵葉書を売っていました。
『Where are you from?』と尋ね、『Japan!』と答えると
『絵葉書、200円です。』と日本語で売り込みます。
40-50分後、拝観を終えて駐車場に戻ると
さっきの彼女が、我々を韓国人と勘違いし
『그림 엽서, 200엔입니다. 』と韓国語で話しかけてきました。
瞬時にどこの国の人か判断し、その国の言葉で売り込む…
機転が利くというのか、したたかというのか
恐るべし、子どもたちの生活力!

結婚式は村あげての大イベント!?
会場の裏手で村の女性衆が和気あいあいと楽しそうに
食事の準備をしてくれました。
不衛生かもしれないけれど
とっても温かなものを感じ嬉しかったです。

ご馳走の準備

式の1週間ほど前から準備を始め、お開きとなった後の大量のゴミの片付け
テントの撤収等々、たくさんの裏方さんに感謝します。

くりくりお目めで人懐っこい笑顔の子どもたち
あなたたちの未来が明るいことを願っています。
13:52  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://egao44.blog.fc2.com/tb.php/69-8e6b5bab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |