2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2014.10.31 (Fri)

秋のバスツアー・出雲大社&石見銀山

出雲大社の鳥居は全部で4つあるそうですが、
私たちは、神門通りの大鳥居(一の鳥居)から参拝しました。
人や車の往来が多く、なかなかスッキリとした鳥居を写すのは難しいそうですが
添乗員さんが、『ハイ、今撮ってください!』と言われ大急ぎで撮りました。

一の門

本殿(国宝)は後の方にあり全貌がよく分からなかったのですか
赤丸で囲った千木(ちぎ)の風穴が
大人一人がくぐり抜けられるほどの大きさということですから
本殿はすご~く大きいということですね。(お粗末な説明で申し訳ない)

本殿

現地ガイドさんの説明によると、
茶色い屋根は檜皮(ひわだ=ひのきの樹皮)から出来ているそうです。
茅葺き(かやぶき)屋根より丈夫で最高の屋根材だとか。
檜皮を固定する釘は鉄製では錆びるため、竹釘が使用されています。
説明を聞くたびに先人たちの知恵と技に頭が下がる思いです。
写真入りの詳しい説明はこちらです ⇒ 御本殿大屋根 特別拝観
そして60年後の修理のために既に四国の山で次の檜が育っているそうです。

しめ縄

神楽殿の前にある国旗掲揚塔の高さは47m!
掲揚されている国旗は日本最大です。どれくらい大きいと思います?
旗の大きさは縦9m×横13.6m なんと畳75畳分なのだそうです
国旗も大きければ、神楽殿の大しめ縄も大きいです。
この写真ではあまり大きさは伝わらないけれど、実際に見ると大迫力!
長さ13.5m 太さは最大8m 重さ4.4t 。  こちらも最大級ですね!
私が感心したのは、高齢者や車いすの人への配慮です。
参道の石が飛び散ったり、タイヤがとられることがなく歩きやすいです。

私たちは浄掛(きよかけ)をして(これで正装したことになる)神楽殿の中へ入り
団体でご祈祷をしていただきました。
凛とした空気の中で
太鼓・笛・巫女さんの舞など、ちょっとしたショーを見ているようで
とても良い体験をしました。

石見銀山では、現地ガイドさんから当時の歴史話を聞きしながら
2時間ほど散策を楽しみました。
実際に龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)を歩き、
坑道がどんなに暗くて狭いかを体感しました。

長々とつたない旅日記にお付き合いくださり ありがとうございました。
21:06  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://egao44.blog.fc2.com/tb.php/363-ebb0f44d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |