2016年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016.11.29 (Tue)

登園前のひととき

登園前のひととき。

部屋を温めているのにKくんはすぐ廊下へ行ってしまう…
_車

赤い丸印に注目。
Kくんは車を持って道を走らせています。
誰も教えはしないのにお兄ちゃんのを見て いつの間にか覚えたようです。
寒いからこちらへ入っておいで~と呼んでも来ない…

お兄ちゃんがカーテンをぐるぐる巻いてKくん、ど~こだ~と声を掛けました。

いないいないばぁ

作戦成功!
いないいないばあが好きなK君は戻ってきました。
今の間に検温です!

お姉ちゃんが少し前から手に持ったり脇にはさんだり、悪戦苦闘しています。
さあて、何個の風船が持てるかなぁ…?
4個ぐらいは持てるかなぁ…と見ていたのですが
なんと部屋にある6個の風船を全部持ちました
口にくわえるとは、なかなかやるね。

_風船を持って

じいじやばあばが20-30分 孫の相手をしている間にママの準備は完了したようです。

今日も元気に行ってらっしゃい 
21:29  |  家族  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.24 (Thu)

梅もみじ

最近は力を入れて見るTVがあまりありません。
でも、毎週・木曜日のプレバト / 俳句コーナーは大好きで楽しみに見ています。
夏井先生の痛快な辛口評価が面白いです。
また季語の説明や添削など、なるほどと大きく頷き感心しながら聞いています。

話変わって、我が家の隣の大きな木、きれいに紅葉しています。
ブロック塀からパチリと撮りました。(11/22撮影)

晩秋の梅

これは梅の木なのですが、梅って紅葉するのですか?
『梅 / 紅葉』で検索すると梅もみじと出てきて、季語 / 晩秋 とありました。
梅の葉が色づくこと。
色づいてもほとんど目立たず、すぐに散ってしまうという説明です。
これまで毎年色づいていたんだろうけれど 気づかなかったなぁ

梅の紅葉

これはおまけの写真ですが、主人が、わざわざ外出先から『虹が出ているよ♪』と
電話をくれたので、カメラを持って外に出ました。 
雨が降ったのか、路面が少し濡れています。
慌てて梅の木と虹を撮りました。 

20161643.jpg

しばらく空を眺めていると 実に大きな虹がかかって…
バックしてもバックしても画面に入りきりません!
 
大きな虹

完全な大きな大きな半円です。
よ~く見ると外側にうっすらもう一つ虹が出ていますね。(副虹)
この光景を見て一句…と俳句ができると素晴らしいんだけれど
才能なしの私は何も浮かばず 申し訳ないです。
22:12  |  日常  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.22 (Tue)

武田尾廃線跡ハイキング

今日は暖かな晴天だったので神戸の友達と紅葉を楽しみました。

〇○寺とか△△神社とか××公園ではありません。
主人が7-8年前に友人と行って、素晴らしいコースだと感動した所です。

ハイキングコースではありません』と明記され(老朽化による安全面の不安)
勇気ある人が自己責任で行く(?)人気のコースでした。

JR西日本が、半年間の安全対策工事を完了させ、今年11/15より一般開放された、
生瀬⇔武田尾の廃線跡のハイキングコースです。( ↓西宮市のHPより)

ハイキングコース

このハイキングでは懐中電灯が必携です。
なぜなら真っ暗なトンネルがあるから

トンネル

こんな楽しいハイキングコースが他にありますか
ちょっとした冒険気分です。
4.7kmほど歩いてて5-6個あったかな…?

トンネルウォーク

トンネルを抜けると、青い空と紅葉した山々。
畳10畳ほどあろうかと思われる大きな岩にぶつかる轟音。
またあるところでは穏やかに流れるせせらぎ。
そう、私たちは武庫川沿いを歩いています。

トンネルを抜けると…

川遊びをしている人もいて のどかな昼下がりです。

川遊び

廃線跡ですから枕木を歩いたり

枕木を歩く

橋梁を渡ったり

橋梁を歩く

本当に変化に富んだコースで

廃線ウォーク

晩秋の紅葉を心ゆくまで楽しみました (12000歩)
22:14  |  ウエルネス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.19 (Sat)

作品展

昨日の永昌寺ではドウダンツツジを見ただけでなく
檀家さんや町内有志の方々の作品展も行われており楽しく観覧しました。
先ず『お生花』が迎えてくれました。

お生花

写真や友禅型染め・フェルトケーキ等々素晴らしい作品がたくさん展示して
あったのですが こちらは初めて見た 糸かけ曼荼羅 です。
美しい神秘の世界に引き込まれました。

糸かけ曼荼羅

場所が変わって、加古川総合文化センターではキルト展や書道展が開催中でした。

タペストリー

皆さん大作ばかり。

キルト作品の数々

中でも群を抜いたのはこの方。

25年の集大成。
花とリースを組み合わせ30×30のパターンを54枚。
腕を痛めたため、1枚づつを仕上げ、つなぎは娘が手伝ってくれ
7ヵ月で仕上げました。
  と記載してありました。                  

  よ  う  こ  そ ! 
         私のフラワーガーデンへ

25年の集大成

母と娘の夜なべ作業でしょうか?
娘さんの手助けがあったからこそ日の目を見た作品。
54パーツの中から4枚だけをご紹介します。
54パーツより
心温まる母娘の光景を想像して大拍手をしました。

芸術の秋にたくさんのアートに触れ
ぼんやり怠惰な時間を過ごす自分に喝を入れられた気分です。
20:39  |  日常  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.18 (Fri)

永昌寺のドウダンツツジ

遊び人のegaoは今日も秋色を求めて出かけていました。

同じ市に住んでいても知らないことがいっぱい。
ドウダンツツジが400本も植わっているお寺があるのです。
昨日の神戸新聞に掲載されていたとかで大勢の見物客でした。 ⇒ 
秋になると紅葉する・・・
当たり前といえば当たり前、不思議といえば不思議。
本当に美しい光景でした。

IMG_3214.jpg

一輪挿しがあちこちに活けてあり、心も和みました。
左の下の方に赤い実が見えるでしょう。
1円玉くらいの大きさでしたが、これは姫柿(老爺柿)の実なんですって。
何とも可愛く心がポッコリしました
居心地がよく、ポカポカの縁側でまったり寛がせていただきました。

一輪挿し

ランチの時刻になったのでコーヒーの好きな友達の要望で珈音
週替わりランチは(ボケボケの写真で申し訳ないです) 
・バラエティ寿司
・茶碗蒸し
・切干大根の煮物
・にゅーめん
・デザート
・コーヒー または紅茶(アイス可)

 ランチ

見た目も美しく、にゅうめんの汁はバツグンに美味しかったです。
量的にもちょうど良く、リーズナブルな価格(980円)で大満足でした (*゚▽゚*)

お店を出たのが1時半。
そんなに早く別れるはずもなく・・・  
続きは また明日。
21:09  |  ウエルネス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.16 (Wed)

網引駅の大イチョウ

北条鉄道は小野市/粟生駅から加西市/北条町駅までのローカル鉄道です。
その中の一つ網引駅は、この時期ならではの『大イチョウ』と
電車のコラボを求めて写真マニアが集まります。
1両編成の電車が1時間に1本程度走っているのですが、
晴天だったので時刻表を無視して出かけました =3
すでに7~8名の先客あり。

網引駅前

さぁ、どの方向から撮れば綺麗かなぁ…と眺めていると
初老の男性から、『すみません。』と声を掛けられました。
私がとっさに『すみません、(写真撮影の)邪魔をしましたか…』と謝ると
『いえ、そうじゃなくて…お願いが…
 そこに立ってモデルをお願いしたいのです。』と。
私がイチョウを撮っている後姿を後から撮りたいそうな

網引駅の大銀杏

もっと木に近づいて、ハイ、そこで止まって…
できればもうちょっと右に数歩…ハイ、それでOKです。

ありがとうございました

黄色い絨毯

彼が撮った作品が何かのコンテストで入賞したら嬉しいなぁ (*゚▽゚*)
20:34  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.13 (Sun)

別荘にて…?

今日は、ちょっと別荘に立ち寄りました。
別荘!?
私がひそかに『神吉の別荘』と呼んでいるところです。
私の所有ではなく、市の所有地なのですが…

宿泊棟

なかなか素敵なところでしょう。
別荘(コテージ)からの眺めはこんな感じです。

別荘より望む

1番最初に泊まったのは、息子が中学の時でしたから20数年前になりますね。
ここは市民の宿泊館で、宿泊費用は1日たったの1000円なのです!
だのにPR不足なのか、知らない人もけっこういるようです
ホテルや民宿ではないので(教育施設)使用申請書を提出しなければならないなど
気軽に使えないのが欠点だと感じます。
市では、この立派な施設を第2日曜日に無料散策日として開放しています。

IMG_3164.jpg

それで、今日は紅葉の美しい時期なので、ちょっと寄せていただました。

落ち葉

もう数年経てば、たくさんの孫たちと一緒に泊まりたいですね。 ⇒ 
21:24  |  ウエルネス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.10 (Thu)

『君の名は。』

映画『君の名は。』は長編アニメ映画で若い男女の切ない恋を描いた作品です。
身体が入れ替わるという、特に新しい手法でもないのに、大ヒット中らしい。

ちょっと気になっていたけれど、見る気はありませんでした。
ところが今日見に行ってきたのです。

映画の舞台は(岐阜県)飛騨地方をイメージして制作した作品なのですが
悲しいことに、その地方に映画館がなく隣の県(富山県)まで
1時間半かけていかないと見られないというのです。
自分たちの住む地方の駅や神社・図書館がどのように描かれているのか
気になって見たいですよね。
それで、地元の人が切望して11/6に飛騨市文化交流センターで上映会を
開いたそうです。   ⇒  ニュース記事

そのニュースを聞いて、ミーハーな私は Let's go ! と行ってきました。

糸守湖などの景色はとても美しかったし、
彗星がやって来るシーンは幻想的で素晴らしかったです。
でも、私がおばちゃん(おばあちゃん)なせいか、いまいち『いい映画だったよ~!』 
『感動したわ!』とはなりませんでした。



でも、今年1番の話題作です。
皆さんも一度映画館に足を運んでみませんか。
21:10  |  日常  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.04 (Fri)

角島大橋へ行ってきました! ③

旅行2日目。(10/31)

今日の行程は、海士ヶ瀬公園  ⇒ 角島大橋 ⇒ 角島灯台公園 と続きます。
だからコバルトブルーの美しい海を見るのに晴天は必須なのですが
朝から分厚い雲が 
まだ雨でないだけましでしょうか?

角島大橋

絶景を求めて500kmも東から来たというのに非常に残念
こんな景色を見たかったなぁ・・・。



さぁさ、愚痴ってても仕方ないので、楽しみましょう。
バスはどんどん東へ向かいます。  
朱塗りの鳥居が見えてきました。
しかも123基の鳥居が海に向かって伸びているのです。
意表を突かれた大胆な発想に心の中で拍手を送りました。

元乃隅稲成神社

連なる鳥居といえば京都の『伏見稲荷』を思い浮かべるのですが、あちらは稲荷、
ここ『元乃隅稲成神社』(もとのすみいなりじんじゃ)は稲成と書き
願い事が成就するように!と名付けられたそうです。

     

山口といえばフグが有名ですが、日本が世界に誇る銘酒が山口にあるとか…。
獺祭(だっさい)といえば、あまりお酒のことに詳しくない方もご存知でしょうか?
安倍総理がオバマ大統領にプレゼントしたことで更に有名になったお酒です。
   ⇒ 獺祭
大奮発してほんの少しですが主人のお土産に買いました。(驚くほど高いのです!)
さて、違いが分かってくれるかなぁ?
20:12  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.02 (Wed)

角島大橋へ行ってきました! ②

数社の旅行会社からパンフレットが届くのですが、
その中に角島大橋が表紙になっている冊子を見つけました。

やったー! これだ~! ⇒ 周防・長門4つの名景巡り

誰と行こう・・・

一人旅が好きな人もいるけれど、やはり私は気の合う誰かと行きたいなぁ…

話は少し逸れますが、親が亡くなると実家への足が遠のくという話を聞きますが
私はそうではありません。
盆・正月・春と秋のお彼岸・父の命日・母の命日、何と年に6回も実家へ行っています。
それというのも兄嫁さんが良い人だから
これまでは集まって楽しいおしゃべりやランチばかりで、
1泊旅行をしたことがなかったのです。

それで兄嫁さんと姉に声を掛けました。
9月は稲刈り・10月はお祭り、それが終われば落ち着くよ~という返事。
みんなの都合のいい日を聞いて、善は急げで申し込んだのが8月中旬。
体調を整えながら待つこと2ヶ月と少し。

やっと出発日が来ました!
初日は『瑠璃光寺五重塔』へ行きました。

五重塔

檜皮葺のシックな焦げ茶と木々の緑のコントラストが美しかったです。

道中、ガイドさんが日本三大酒処の説明をして下さいました。
兵庫県の「灘」、京都府の「伏見」、広島県の「西条」です。
私は広島の『西条』は知りませんでした。
西条酒蔵通りでは、毎年10月第2土・日曜の2日間にわたって酒祭りが開催され
何と2日間で20万もの人を呼ぶ大イベントなんですって。
チケット(2100円?)を買えば全国約1000銘柄のお酒が試飲できるとか…。

これは主人のためにメモですね “〆(^∇゚*)メモメモ♪ ⇒ 酒祭り
20:51  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.01 (Tue)

角島大橋へ行ってきました! ①

私がこの美しい光景を初めて見たのはテレビのCMでした。      
なんて美しいの!! (画像は Find Travel より)

(find travelより)角島大橋

ど こ !?


ど こ の 国 ?

てっきり外国だと思っていたのですが、実は日本。
しかもこんなに美しいのに沖縄でもないのです。
一体どこ?
なんていう橋?

本州の最西端、山口県の下関市豊北町神田と角島を結ぶ角島大橋と分かったけれど、
日本のどこ?

何と読むの?
ハイ、つのしまと読みます。
気になった方はチェックしてください。 
検索すると美しい画像がいっぱいいっぱい出てきます  ⇒ Find Travel
このエメラルドグリーンの海に架かる白い橋を渡ると
一体どんな素敵な光景に出会えるのだろう…
行きたい気持ちが抑えられなくなり、行くことにしました

誰を誘おっかなぁ・・・
21:40  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |